実りの秋!2回目の熊本取材

焼酎の取材を終えて、間髪入れず今度は前回も取材に行った上田さん花田さんの元へ取材に行きました。

上田さんの畑は5月にもご紹介した恋人メロンが実りの時期です。

恋人メロンは春と秋、年間2回果実を実らせます。


畑に到着すると早速、上田さんがいつもの明るい調子でお出迎えして下さいました。

そして早速ハウスに入り恋人メロンの生育を確認!

実ってます!実ってます!


現段階は小ぶりの恋人メロンですが、これから秋の爽やかな太陽の光を浴びて

スクスクと成長していく予定です。。

ハウスの中は10月と言えど、ちょっとしたサウナくらい蒸し暑いです。。

恋人メロンは順調に育っているのですが、ただただ不安なのが、南で発生している台風の件。。

台風の影響で場合によっては出荷出来ない!なんて可能性があるくらい作物に多大な影響を及ぼします。

今は台風が来ないことを順調に祈るばかり…

恋人メロンの畑の横にある上田さんのお米(上田さんはいろんな作物を同時進行で育ててるのです)も、稲穂を垂らせてお辞儀。。

熊本は相変わらず、のどかな時間が流れています。。。

そして、お昼ご飯を食べに上田さんの畑の近くの温泉施設「佐俣の湯」へ。

ここは毎回おきまりの昼食場所で温泉の側には綺麗な川が流れています。

ゆっくり温泉でも浸かりたい所ですが、次の取材が待ってるのでサッと

お昼を食べて今度は花田さんの元へGO!

熊本県の上田さんの美里町から花田さんの宇土市までは車で1時間程度。。

到着してすぐ花田さんが「さっそく食べに行かんね!」と山の畑まで案内してくれました。

そこに広がっていたのは数々の赤いミカンを実らせた広大な畑の光景!!

天空のミカン畑。。霧がかかっていたのでちょっと神秘的でした!


百聞は一見にしかず、ならぬ百聞は一味にしかず!

早速ミカン畑の中心で採れたてのミカンを頂きました。。


濃厚な甘味と酸味!

ハリのある房をパリっと噛めば、水水しく濃厚な果汁がジュワっと口の中で溢れ広がります。

口の中は、ミカン一色。幸せ〜。。。


花田さん曰く、これから酸味が糖に変わり更に甘くなるのだとか!現段階でも十分甘いのに。。


ミカン作りに対する拘り、肥料の拘りなどを徹底的に取材します。

こちらから聞き出さなくとも、花田さんのミカン栽培に対する

強く熱い想いは次から次へ言葉として自然に溢れ出します。


とにかく根っこと肥料に拘る花田さん。前回の記事でもお伝えしたように、

肥料は手作りのものを使用し、「根っこを調整して養分をたっぷり吸わせる」という

職人技術を持っています。


まるで、ミカンの木と会話が出来るかのように枝葉の状態を見て

適切な時期に枝の間引きや摘果をこなす花田さん。


花田さんによると美味しい蜜柑は青い時期に既に解るようで、

オレンジに色づき始めるときに、お尻だけ先に真っ赤に色づくと、

あま〜いミカンが出来上がるのだとか!


綺麗に丸く色づいてますね♪


あと10日もすれば収穫が始まるのだとか。でもこちらも上田さん同様、台風が心配なところです…

特に注目して欲しいのが、この枝の状態。

すべてお米と同じように「お辞儀」してます。

果肉がギッシリ詰まった濃厚ミカンがたっぷり実っている証拠です!


別の畑では、熊本名物の不知火(デコポン)が、青いですが実っていました!

真っ赤に色づくのは12月頃だから、まだもうちょっと先ですね☆

そんなこんなで取材を終えて、気づけば5種類以上のミカンを10個くらい食べてました!(笑

おなかタプタプ。。だけど止められない止まらない!

 

そして早速ですが、商品化して商品ページも製作しましたので下記よりご覧下さい!

 

ただただ心配なのが、今現在九州南部に接近してきている台風19号の存在…

影響が少なければいいのですが、、、祈ることしか今は出来ません。

 

「今年は特に自信作!」と意気込みを語る花田さん。

僕自身も酸味が抜けて円やかになった花田みかんを早く食べてみたいです♪


【追記】

10/14

メロンの上田さんと肥のあけぼのの花田さんに確認したところ、

幸いな事に台風の影響は特に無かったようです!

順調に出荷できる予定ですので、安心してご注文下さい。